意外と簡単♪ドット(水玉)ネイルのやり方!(100均ネイル)【Basic】

ドットネイル 水玉ネイル

水玉ネイル。
パッと見難しそうに見えるかもしれませんがちょっとしたコツがわかれば結構簡単にできます♪
今回はそのHowToをシェアしたいと思います(^^)


用意するもの

  1. 好きなカラーのマニキュア(おすすめは濃いカラーかパステル)
  2. ドット用の白のマニキュア(写真に入ってなくてスイマセン(;´・ω・))
  3. ドット専用のスティック(綿棒・つまようじでも代用可)
  4. パレット(アルミホイルでも代用可)
    用意するもの

以上です!

全部100均で手に入ります。ちなみに私はドットスティックはダイソーさんでサイズ別に2種類買いました。できればドットスティックは手に入れといたほうがいいです。つまようじでも全然できるんですけど、やはり専用のスティックの方が圧倒的にドットが楽にできます♪
100円だし、まぁいっかって気分で是非購入してみてください♪


やり方

  1. 好きなカラーにネイルを塗ります。ドットをつける前のベースになります。
    (今回は私の自爪じゃなく、ネイルチップでやっています)
    ベースを塗ります
    カ ラ フ ル ~ ♪
  2. ドットスティックを持ちます。自然な感じで。鉛筆握るくらいの。
    ちなみに先っぽは、こんな風になっています。綿棒とかに似ていますね♪
    ドットペン先端
  3. パレットにマニキュアを少し出し、スティックの先にマニキュアをたっぷりめにつけます。
    (すみません、下の写真はオレンジのマニキュアになっちゃってますが実際は白のマニキュアです・・・そのうち直します(;´・ω・))
    ちょんちょんここは写真だとわかりにくいので・・・絵に描くとこんな感じです。
    緑色の部分がマニキュアです♪
    ドットの付け方①
    「ポタッっと落ちちゃいそうで落ちない」くらいの量をつけます。
    ここで少ない量だとうまくいきません。
  4. 爪の表面にマニキュアをオン!します。
    ネイルにドットをつける
    ここで注意すべきことは「爪にスティックの先端を触れされない。マニキュアのみ爪に置く」ということです。
    ・・・と書いても写真では分かりにくいのでイラストで解説しますね♪
    以下のイラストをご覧ください。※イラストは爪を真横から見た図です。緑色の部分がマニキュアです。
    手書きやり方②
    ドットスティックの先端についているマニキュアを爪の上に置きます。
    手書きのやり方③
    何度も書きますが!イラストの通り、スティックの先端が直接、爪に触れないように!
    スティックの先端に付いているマニキュアだけを爪の上に「そっと置く」感覚でつけてください。一度爪にマニキュアを置いたらすぐに真上に離してください。動かすとドットがキレイに作れません(´・ω・`)・・こんな感じで綺麗に丸いドットがつきました♪下の写真見えますか?爪の上の白いドット♪
    ドットつけ
  5. 爪の中心の縦ライン(ラインがあると思ってください)に沿ってドットを三個つけましょう
    以下の写真の通りです。大体でいいので等間隔にしましょう。
    縦にドットを3個
  6. この要領でバランスよくドットを配置していきましょう~♪
    ドットを配置するときは「縦の列」を常に意識してみてください♪
    爪の幅にもよるのですが、大体小さい爪なら3列、大きい爪なら5列でドットを配置していくと、バランスとしてはちょうど良いかなと思います。
    全部にドットをつける
  7. ドット部分が乾いたらトップコートを塗る。
    乾かない内に塗ってしまうとドットがにじんでしまいます。
    マットなトップコート今回のトップコートは「マット(つや消し)」タイプにしてみました。

以上で完成でーす♪

これがドットの基本のやり方です。
あとは読者様のアレンジ次第となります♪
もちろんドットの色は白じゃなくてもいいですし、ドットのサイズも小さい・大きいでかなり印象がかわりますので、色々と試してみることがイイと思います♪

いきなり爪にやるのがハードル高い!って思う方は、まずはいらない紙などでドットを打つ練習をしてみることからスタートしてみてください♪
ドット練習

もし素敵なネイルが出来上がったときは是非教えてください♪
励みになります(^◇^)